Xmas開戦説も…ロシアゲート問題の行方が北朝鮮攻撃の引き金に?(AbemaTIMES)

対話の糸口を探るべく各国が努力する中、北朝鮮が75日ぶりにミサイルを発射した。関係改善の兆しから一転、アメリカ国内では北朝鮮のICBM完成前に先制攻撃すべきとの強硬論が浮上、多くの米国人が帰国するクリスマスの開戦説がささやかれ始めている。マクマスター大統領補佐官も11月26日「時間がなくなろうとしている」と述べ、グラム上院議員は「ミサイル阻止のためなら戦争もありうる」とまで発言。ロシアのラブロフ外相は11月30日、「もしアメリカが北朝鮮を破壊する口実がほしいなら、はっきりそう言うべきだ。そうすれば我々も対応を考える」と述べている。

 クリスマス開戦説の根拠ともなっているのが、対話路線のティラーソン国務長官の更迭報道だ。1日、北朝鮮との対話路線を主張してきたティラーソン国務長官が数週間以内に更迭されると米メディアで一斉に報じられたのだ。しかも後任には「金正恩氏を排除すべき」との考えを持つというポンペオCIA長官の名前も取り沙汰されているという。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。