NIST基準のサイバーセキュリティ対策評価、Secureworksが提供開始(アスキー)

Secureworks Japanが米国NIST(国立標準技術研究所)のサイバーセキュリティフレームワーク(CSF)基準に基づくサイバーセキュリティ・リスクアセスメント・サービスの本格提供を開始した。
 Secureworks Japanは12月6日、新しい「サイバーセキュリティ・リスクアセスメント・サービス」の本格提供開始を発表した。米国NIST(国立標準技術研究所)のサイバーセキュリティフレームワーク(CSF)、および米国CIS(インターネットセキュリティセンター)のクリティカルセキュリティコントロール(CSC)を基準とする、2種類の評価サービスがラインアップされている。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。