発射台は運用可能に近い状態?北朝鮮、SLBMの開発も着々と進行か(AbemaTIMES)

米軍およそ1万2000人と最新鋭のステルス戦闘機「F22」「F35」、グアムに配備されている戦略爆撃機「B-1B」など米韓合わせて約230機が参加し、過去最大規模となった米韓合同軍事演習「ビジラント・エース」。核やミサイル施設への攻撃能力を示し、北朝鮮をけん制する狙いがある。これに対し北朝鮮は強く反発、4日付の労働新聞では「戦争の雰囲気を鼓吹する無謀な挑発行動。絶え間ない挑発行動には、無慈悲な報復が行われることを心に銘ずべきだ」と威嚇している。

 北朝鮮の動向が注目される中、アメリカの北朝鮮研究グループ「38ノース」が北朝鮮西部にある造船所の衛星写真を公開した。先月3回にわたり撮影されたこれらの写真を分析すると、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の実験に使用される発射台が運用可能に近い状態であるととがわかり、これまでSLBM発射実験を繰り返してきたのは東部の新浦沖だけでなく、西部の南浦でも準備が進んでいることが判明した。

 北朝鮮のSLBMをめぐっては、一昨年の5月、「北極星1」の発射に成功したと報じられたのが最初で、去年の7、8月には新浦沖発射実験を行っているが、今年に入ってからはゼロだった。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。