女性の“人形”になりきる男性たち 女性の人格を生きるそれぞれの想い(AbemaTIMES)

乳房のついたシリコン製のスーツで全身を覆い、メイクが施されたシリコンマスクを被って、女性の“人形”になりきる趣味を持つ男性たちの団体「フィーメイル・マスキング」。実はヨーロッパを中心に全世界で数千人もの愛好家がいる。

 そんな男性たちに迫るドキュメンタリー番組『女性の人形になりきるフィーメイル・マスキングの世界 他』(VICE)では、女性の人格を生きるそれぞれの“想い”についてインタビューを行っている。

 シリコンスーツで人形になりきって楽しむ文化は、80年代に『バットマン』でマスク制作を担当したイギリス人男性が女装用マスクを制作したことから始まった。インターネットを通じてこの文化が急速に広がり、全世界に愛好家たちを生み出したと言われている。

 オランダに住む愛好家の男性は「もともと自分の顔が好きではなかった。別の人間になりたかった」と、人形になりきる生活を始めたきっかけを明かす。幼少期に姉から女の子の服を着せられた経験も相まって、「美しい女性の姿」でいることに喜びを感じるようになったそうだ。

 父親から厳しくしつけられ“男らしくあること”を強要されて育ったことが引き金になったと語るのは、ドイツに住む50代既婚者の愛好家。愛情を求めた結果、自分の中に女性の人格が生まれたそうだ。年に数回、人形になった状態でイベントを出歩くことで自由を感じているらしい。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。