北朝鮮、新型ICBM「火星15」の発射成功を報道 “完成版”と“重大放送”の意図とは(AbemaTIMES)

29日の日本時間午前4時過ぎ、北朝鮮が発射したミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。午前3時18分ごろ、平壌近郊の平城から発射された飛翔体3つは午前4時11分ごろに青森県西方約250kmに落下。飛行距離は約1000km、最大高度は4000km超と過去最高で、飛行時間は約53分とみられている。

 同日昼、朝鮮中央テレビは「重大報道」として、発射されたミサイルがアメリカ全土を射程におさめる新型のICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星15」だと発表した。火星15はICBMの「完成版」だとしている。

 テレビ朝日・前ソウル支局長の大野公二氏は、北朝鮮の「重大報道」と「完成版」という表現について、次のように見解を述べる。

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。