マリナーズとエンゼルス、大谷翔平獲得へ資金調達(日刊スポーツ)

ポスティングシステムで日本ハムからメジャー移籍を目指す大谷翔平投手(23)が7球団との面談をすべて終えた6日、獲得競争に残る7球団のうちマリナーズとエンゼルスが大谷獲得資金ともいえる契約金枠をトレードで獲得し、大幅金額増に成功した。

【写真】大谷がジャイアンツ、ドジャースと直接交渉と米NBC

 マリナーズは今年ドラフト5巡目で傘下マイナー有望株ランク10位のデービッド・バニュエロス捕手(21)をツインズへ放出し、25歳未満の国外FA選手獲得に使う契約金プール枠を100万ドル(約1億1500万円)獲得。エンゼルスも、今年ドラフト3巡目で球団傘下マイナー屈指の有望若手ジェイコブ・ピアーソン外野手(19)をツインズへ放出し、契約金プール枠を100万ドル追加した。

 これによって大谷獲得競争に残る7球団が提示可能な契約金は、1位がレンジャーズで353万5000ドル(約4億700万円)、2位がマリナーズで255万7000ドル(約2億9400万円)、3位がエンゼルスで231万5000ドル(約2億6600万円)。ドジャース、ジャイアンツ、パドレス、カブスの残り4球団は、いずれも30万ドル(約3450万円)に制限されている。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。