ブッシュ元大統領が明かす9.11当日の心境「あんな無力感はない」(AbemaTIMES)

9.11アメリカ同時多発テロ事件から10年経った2011年、テロの首謀者であるウサーマ・ビン・ラーディンが米軍によって射殺された。テロ発生から長らく続いてきた対テロ戦争が1つの節目を迎え、ジョージ・W・ブッシュ前大統領がカメラの前で2001年9月11日を振り返るインタビューに応じ、同日何を思い、どう行動したかを赤裸々に明かしている。

 ブッシュ前大統領へ独占インタビューを行った『ブッシュ元大統領が語る9.11』(ナショナルジオグラフィック)は、大統領自身の事件発生時のスケジュールを追いながら9.11の全貌を追体験する番組だ。

 9.11当日、小学校を訪問していた大統領はワールドトレードセンターに飛行機が追突した知らせを聞いたとき「軽飛行機の事故かと思った」という。2機目の衝突を知ったときにはテロ行為であると確信し、希望に満ち溢れた目の前の子どもたちとテロ行為の残虐さのギャップが対照的だったと振り返る。

 大統領はペンタゴンに3機目が追突した後、首都のワシントンに戻り第一撃からの復旧を進めるべく指揮を執りたがったが周囲に止められ、身動きできなかったもどかしさを吐露する。飛行機での移動中、ビルから飛び降りる被害者たちの映像をテレビで確認したそうだが、「あんな無力感はない」と肩を落として語った。非常時であるとはいえ、大統領のみの判断ですべてを動かすことができないのは確かに歯がゆいものがあっただろうと伝わる語り口だ。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。