カナダの障害者向け性サービス、運営は「法律ギリギリのライン…」 障害者の性に関する権利が議論に(AbemaTIMES)

バンクーバーのブリティッシュコロンビア大学でスペンサー・ウィリアムズを訪ねた。24歳のウィリアムズはラジオのパーソナリティとして活動している。ウィリアムズはバンクーバーに住む脳性麻痺の患者であり、「センシュアル・ソリューションズ」の顧客でもある。

 「All Access Pass」というラジオ番組で障害に関連する問題を取り上げているウィリアムズ。今日は障害者の性をテーマに熱く語っているという。ウィリアムズはこのテーマで「ミニシリーズを作成つもり」だと話す。

 センシュアル・ソリューションズは、専門家が性機能不全に悩む人や障害者を指導する。彼らの目的は依頼人の性生活の改善である。センシュアル・ソリューションズは障害者のケアを専門とする会社で、依頼人のもとに専門家を送り、性生活上の問題を解決している。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。