72年五輪で金、W杯過去最高3位/ポーランド紹介(日刊スポーツ)

来年6月開幕のW杯(ワールドカップ)ロシア大会で日本と対戦するH組のライバル国紹介2回目は、1次リーグ最終戦で戦うポーランド。一時の低迷を乗り越え、現在はFIFAランキング7位まで上り詰めた。

【写真】スネ夫君のようなヘアスタイルのレバンドフスキ

 サッカー界におけるポーランドは“古豪”ともいえる。名FWラトーらを擁した72年ミュンヘン五輪金メダル、74年W杯では3位、76年モントリオール五輪では銀メダル。FWボニエクが台頭した82年W杯でも3位となった。

 その後低迷が続く。強豪国に比べ育成システムが遅れていた。12年にウクライナと共催した欧州選手権でもポーランドは1次リーグ敗退だった。だが、FWレバンドフスキら当時のメンバーが現在の主軸だ。クラブで経験を重ねて個々が成長。16年欧州選手権ベスト8で得た自信が、今予選8勝1分け1敗の快進撃につながった。ナバウカ監督就任直後の13年11月は78位だったFIFAランクは今年8月に5位まで上昇した。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。