2017年F1、技術規則変更でオーバーテイク回数は半減。最多ドライバーはリカルド(オートスポーツweb)

F1公式タイヤサプライヤーのピレリが2017年シーズンに関するさまざまなデータを発表、今年はオーバーテイクの回数が昨年に比べて激減したことが分かった。

【関連図】ピレリが発表した2017年F1のオーバーテイクに関するデータ

 2017年、F1テクニカルレギュレーションが大きく変わり、よりワイドで速いマシンが導入、タイヤも変更された。ダウンフォースが増し、ブレーキングを昨年よりも遅らせることができるようになることでオーバーテイクが減少するとの懸念を、シーズン前からドライバーを含めた関係者が示していた。

 ピレリがまとめたデータでは、その懸念が現実となっていた。オープニングラップを除くラップでポジションを上げ、そのラップのフィニッシュラインまでポジションを守り切った場合を「オーバーテイク」と定義し、大きなメカニカルトラブルが原因であったり、周回遅れを抜いたことによるポジション変更はオーバーテイクに含まずに集計した結果、2017年の20戦において実行されたオーバーテイクは435回だったという(1戦平均21.8回)。2016年には866回オーバーテイクが行われているため、前年比で約49パーセント減少したことになる。

 オーバーテイクが最も多かったドライレースはアゼルバイジャンGPの42回。ウエットレースでは中国の31回が最多だった。ドライレースでオーバーテイクが最も少なかったのはロシアの1回だった。

 ドライバー別に見ると、オーバーテイク回数が最も多かったのはレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドで、20戦のなかで43回オーバーテイクを行った。イギリスGPでは13回も追い抜きを成功させ、1戦あたりのオーバーテイク回数でもトップとなった。
    
 オーバーテイクをされた回数が最も少なかったドライバーは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンと今年のチャンピオン、ルイス・ハミルトンの2回。
    
 オープニングラップで上げた順位が最も多かったのはウイリアムズのランス・ストロール。シーズンを通して合計すると、ストロールは1周目にポジションを36稼いだ。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。