小林悠のJ5人目4冠、主将就任時に語った言葉ゆえ(日刊スポーツ)

悲願の初タイトルを手にした川崎フロンターレのFW小林悠(30)が「4冠」を達成した。Jリーグアウォーズが5日、横浜市内で行われ、小林は「最優秀選手賞(MVP)」「得点王」「ベストイレブン」の個人3冠に輝いた。チームのリーグタイトルを含めた4冠は、12年の当時広島のFW佐藤寿人以来、5人目。

【写真】妻の直子さんら家族から祝福される川崎F小林

 2日の最終節大宮戦でハットトリックを達成し、大逆転でリーグ優勝と得点王を手にした小林は「最優秀選手賞」で自分の名を呼ばれると目を潤ませた。食事面から支えてくれた直子夫人(30)への感謝を口にすると、サプライズで夫人と2人の愛息が壇上に登場。夫人が「一番近くで頑張ってる姿を見てきたのでとてもうれしい」と祝福した瞬間、長男結翔(ゆいと)くん(3)がステージを爆走するハプニング。小林はパパの顔で「ビックリしました…」と笑顔を見せた。

 今季、MF中村から主将を引き継ぎ、理想の主将像に、得点してチームを引っ張る広島FW佐藤(現名古屋)を挙げた。勝利から見放された4月、敗戦の責任をすべて背負い込み悩んだ時期もあったが、中村や副主将のDF谷口の支えもあり、試合中は得点を取ってチームを勝たせることだけに集中。悩みのトンネルから抜けた。主将就任時に仲間に「サッカーは下手だけど、チームを勝たせたい気持ちだけは誰にも負けないからついてきてほしい」と語ったことを明かし「主将マークを巻き、先頭で走ってきたからこのような素晴らしい賞がいただけたと思います」。

 今季はプロ初の全試合出場を達成。連戦で筋力トレーニングができない時は、試合後のスタジアムでふくらはぎを鍛えるため、1分×4本の縄跳びを続けていた。15年に手術した右膝に痛みが走っても「優勝争いしてる中で痛いから休むのは主将はできない。意地というかプライドがある」とピッチに立ち続けた。開幕前に掲げた「得点王」「タイトル」「全試合出場」を成し遂げた結果「4冠」の大きな勲章が待っていた。【岩田千代巳】

本田 和彦の【お客様の声価格】バナーのデザインと作り方(pekiセット) 体験談とネタバレがヤバいかも

本田 和彦さんの
【お客様の声価格】バナーのデザインと作り方(pekiセット)がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。