WEC:ジネッタ、開発中のLMP1シャシーを2018年1月11日に世界初公開へ(オートスポーツweb)

2018/19年のWEC世界耐久選手権に向けて、プライベーター向けLMP1用シャシーを開発しているジネッタは、開発中の車両を2018年1月11日にイギリスで開幕する『オートスポーツ・インターナショナル』でお披露目すると明らかにした。

【写真】マノーTRSレーシングのジネッタLMP1イメージ

 イギリスの老舗スポーツカーメーカーであるジネッタは、ハイブリット搭載/非搭載車がひとつのカテゴリーとなる2018/19年のWEC“スーパーシーズン”に向けて、LMP1用シャシーの開発を進めている。

 現時点でシャシーの全貌は明かされていないものの、空力開発にはエイドリアン・レイナードが関わっていること、開発にはウイリアムズの風洞を活用していること、フランスのメカクロームとエンジン供給契約を交わしたことなどを発表済み。

 また、2017年までWECのLMP2に参戦したマノーも、このジネッタLMP1を購入して、2018/19年からはLMP1クラスに挑むことも発表している。

 そんな注目の車両が2018年1月11~14日にイギリスのNECバーミンガムで開催されるオートスポーツ・インターナショナル初日にお披露目されることとなった。当日は現地時間11時にアンベイルイベントがスタートする予定だ。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。