カシオの「新・4万円台スマートウォッチ」は何がいい?(日経トレンディネット)

2017年4月21日に、カシオ計算機から新しいスマートウォッチ「WSD-F20」(4万5000円)が発売された。2016年に発売された前モデル「WSD-F10」は筆者がほぼ毎日愛用しているが、この新モデルも迷うことなく購入した。

【関連画像】サイズは、前モデルと同様に一般的な時計と比べてやや大きめ。重さも約92gとほぼ同じだが、デザインは大きく変わっている。PRO TREKのロゴは、ベゼル上部だけでなく裏ぶたにも刻印されている

 今回は約1カ月使ってみたWSD-F20について、実感や気になるポイントをチェックし、その進化を探ってみた。

 なお、WSD-20には世界限定500本のリミテッドエディション「WSD-F20S」も用意されている。こちらは風防に防汚コーティングを施したサファイアガラスを採用し、ボタンやビスにも耐摩耗性に優れたIP(イオンプレーティング)処理が施されたモデルだ。通常カラーのブラックと違い、ブルーが配色されている。6月発売予定で価格は8万円とのこと。

 WSD-F20は、前モデルのアウトドア仕様を継承しつつ、新機能としてGPSやオフライン地図機能などが追加されている。また、OSも最新のAndroid Wear 2.0を採用するなど、いくつかの進化が見られる。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。