「ピエール・エルメ・パリ」×「嘉祥窯」の新アフタヌーンティー(東京ウォーカー)

出展元:ピエール・エルメ・パリと嘉祥窯の思いと技が一つになったアフタヌーンティー

ザ・リッツ・カールトン京都では、初夏の緑が眩しくなる6月から、館内の「ザ・ロビーラウンジ」で、ホテル内の「ピエール・エルメ・パリ ブティック」と京焼の伝統を受け継ぐ窯元の「嘉祥窯」とのコラボレートによる新たなアフタヌーンティーが、6月22日(木)から9月30日(土)まで登場する。

【写真を見る】ザ・リッツ・カールトン京都 1F 「ザ・ロビーラウンジ」で提供される

今回は、嘉祥窯四代目当主の森岡嘉祥氏による京の伝統と、ホテル内のピエール・エルメ・パリのシェフ・パティシエ、ドゥマネ・レジス氏の感性が美しく昇華し、アフタヌーンティーのためのオリジナルの新たな器、「tou」と「ryu」がお目見えする。

アフタヌーンティーでは、ピエール・エルメ・パリによる新たなメニューを提供。セイボリーはさくらんぼのコンポートとシラーワインジュレ、バジルチキンと夏野菜のサンドイッチなど旬の食材が取り入れられている。ペイストリーは、ピエール・エルメ・パリの代表フレーバー、イスパハンのケーキをはじめ、オレンジとパッションフルーツのゴールデンコンビネーションである「サティーヌ」のスコーンやケーキ、タルトの数々が嘉祥窯による新たな器を鮮やかに彩る。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。