(社説)熊本地震1年―関連死防ぐサポートを(朝日新聞デジタル)

出展元:朝日新聞デジタル

熊本地震の最大の特徴は、2度にわたって震度7の激しい揺れが襲ったことだ。
 そしてもうひとつ、目を引く事実がある。避難生活や車中泊などが原因で命を落とした「関連死」の割合の高さだ。家がつぶされるなどして亡くなった人が50人なのに対し、関連死は3倍以上の170人にのぼる。
 最初の地震からきょうで1年。助かった命をこれ以上失わぬよう、被災者のサポートをさらに充実させたい。
 現地では、4万を超す人が仮設住宅で初めての春を迎えた。一方、壊れた家屋が手つかずのまま残されている地区も少なくない。まさに「復旧」から「復興」への移行期にある。……
本文:1,861文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。