(教えて! トランポノミクス:7)日米経済対話、何を話し合うの?(朝日新聞デジタル)

出展元:朝日新聞デジタル

トランプ米政権は、日本とどのような経済関係を築こうとしているのか。その試金石となるのが、18日に東京で開かれる初の日米経済対話だ。2月にあった安倍晋三首相とトランプ大統領との初会談で、両国の経済問題を話し合う場として新設を決めた。
 麻生太郎副総理とペンス副大統領をトップにして、(1)財政・金融政策などマクロ経済政策での連携(2)インフラ、エネルギー、サイバー、宇宙などの分野の経済協力(3)二国間の貿易に関する枠組みの3点を議題にすることで合意した。
 経済対話の新設自体は日本側が提案した。トランプ氏は日本との自動車貿易を「不公平だ」と問題視し、日本が「通貨安に誘導している」と批判していた。……
本文:1,743文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。