(トランプの時代)発言変遷、揺れる世界(朝日新聞デジタル)

出展元:朝日新聞デジタル

トランプ米大統領が政権発足から100日も経たないのに、政権公約や対外関係を大きく変貌(へんぼう)させている。数日前までバッシングを続けてきた中国を持ち上げ、関係改善を公言していたロシアとの関係を「最悪」と言い切った。その奔放な発言は、株価や為替にも影響を及ぼしている。

 ■外交 中国を称賛、ロシアと距離
 「中国は為替操作国ではない」。トランプ氏は12日、米紙ウォールストリート・ジャーナルのインタビューでこう言い切った。
 大統領選中は、対中貿易赤字や中国の為替操作によって米産業が痛めつけられたと主張し、勝利後も「中国を為替操作国に認定する」と公約していた。……
本文:3,872文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。