仮設、出たいけれど 熊本地震1年、100人アンケート(朝日新聞デジタル)

出展元:朝日新聞デジタル

熊本地震の被災者への朝日新聞のアンケートで、仮設住宅で暮らす人の6割以上が、原則2年の入居期限内に次の住まいが決まる見通しがないと答えた。自宅を再建する意向はあるものの、資金のめどが立たない人が多い。

 ■次の住まい、6割が「ない」
 朝日新聞は、地震で避難所に避難した人へのアンケートを続けてきた。5回目の今回は、避難生活が1カ月以上に及んだ100人から回答を得た。
 いま住んでいる場所は、「応急仮設住宅」が52人、自治体が借り上げた「みなし仮設住宅」が22人で、合わせて74人が仮設住宅で暮らす。自宅に戻った人は18人で、他に公営住宅や民間の賃貸住宅が計7人、親類宅に身を寄せている人も1人いた。……
本文:3,854文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。