(時時刻刻)米国圧力、中国苦慮 北朝鮮めぐり首脳電話協議(朝日新聞デジタル)

出展元:朝日新聞デジタル

核・ミサイル開発を進める北朝鮮問題をめぐり、空母の派遣を決めた米国のトランプ大統領が単独の軍事行動を示唆し、北朝鮮に影響力を持つ中国への圧力を強めている。中国の習近平(シーチンピン)国家主席は、米中首脳会談が終わってからわずか4日後の12日、トランプ氏と電話で協議し、抑制的な対応を求めるなど危機感を募らせる。両国間のせめぎ合いが激しさを増している。

 ■トランプ大統領、単独攻撃も示唆
 「米国は無敵艦隊を送り込んでいる。空母よりもさらに強力な潜水艦がある」
 トランプ大統領は11日、米FOXビジネスネットワークのインタビューで、米軍を朝鮮半島近海に派遣していることを強調した。……
本文:4,625文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。