「忖度」「驚き桃の木」どう訳す? 同時通訳の裏側で…ピコ太郎の通訳が語ったハイレベルな「頭脳戦」(withnews)

出展元:withnews

森友学園への国有地売却問題で、時の言葉となった「忖度(そんたく)」。「他人の気持ちを推し量る」という意味ですが、日本外国特派員協会であった籠池泰典・学園理事長の記者会見では、通訳がその言葉に苦労する場面がありました。瞬間的な反射能力が問われる通訳の世界。どれほど難しいのか?ピコ太郎さんの会見で通訳を務め、ネット上で話題になった橋本美穂さんは「行間を読むことや阿吽の呼吸が試される」と話します。同時通訳の裏で起きているハイレベルな頭脳戦について聞きました。(朝日新聞編集センター・軽部理人)

【写真特集】証人喚問・稲田氏・菅野氏・鴻池氏……写真で見る3月の森友学園問題

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。