eラーニングで学習障害持つ子を支援 AIが励ます機能も(ITmedia ビジネスオンライン)

出展元:ITmedia ビジネスオンライン

NTTドコモ・ベンチャーズが出資する教育ベンチャーのすららネットは3月2日、同社のクラウド型eラーニングシステム「すらら」の小学校低学年版を3月17日から提供開始すると発表した。AI(人工知能)のチャットボットを活用し、達成度に応じて生徒を励ます機能も導入する。

【「すらら」低学年版の概要】

 すららは、問題に正解すると受講者のレベルが上がったり、友人と成績のランキングを競ったりといったゲーム的要素を取り入れたeラーニングサービス。

 従来は、小4~6の国語・算数と、中学~高校の英語・国語・数学に対応。今回提供する小学校低学年版は、教育支援などを手掛ける公益社団法人・子どもの発達科学研究所が監修し、3年生以下の児童だけでなく学習障害を持つ子どもが理解しやすいカリキュラムを設けた点が特徴だ。

 新カリキュラムの内容は、国語は識字能力と発話能力を高めることがテーマで、「文字を触って音を聞く」「聞こえた文字を書く」などの問題を設ける。算数は数的認知能力の基礎を固めることがテーマで、「数の大小の把握」「集合の概念の把握」などの問題を設ける。問題に正解するとアイテムを入手できる仕組みを追加し、ゲーム的要素もさらに強めている。

 受講者の学習意欲を向上するために、AI(人工知能)のチャットボットを活用した声掛け機能「AIサポーター」も導入する。学習の開始時や単元の終了時など、適切なタイミングでAIが児童にフィードバックやアドバイスを行うもので、NTTドコモが開発したスマートフォンの音声入力サービス「しゃべってコンシェル」の自然対話技術をベースにした。AIが発するセンテンスは、慶應義塾大学の中室牧子准教授(教育経済学)との共同研究で選び、児童の学習行動の改善に効果があったものを取り入れたという。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。