今春卒大学生の内定率、過去最高 景気回復など影響(ITmedia ビジネスオンライン)

出展元:ITmedia ビジネスオンライン

厚生労働省と文部科学省がこのほど発表した今春卒の大学生就職内定率(2月1日現在)は前年同期比2.8ポイント増の90.6%で、1996年の調査開始以来最高だった。うち国公立大学卒業予定者は1.3ポイント増の90.9%、私立大学卒業予定者は3.2ポイント増の90.5%だった。

【内定率の推移(男子)】

 男女別では、男子が88.8%(2.3ポイント増)、女子が92.8%(3.5ポイント増)。文理別では、文系が90.3%(3.0ポイント増)、理系が92.1%(1.9ポイント増)。地域別では、関東地区と近畿地区がともに91.9%と最も高かった。

 厚労省の担当者は「景気の回復に加え、人手不足に伴って企業の採用意欲が向上していることが、採用人数の増加につながった」と話している。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。