ネットで新聞はこう読まれる(前編) 『芸人式新聞の読み方』プチ鹿島さんインタビュー  紙の読者の持つ「前提」が通用しない(J-CASTニュース)

出展元:J-CASTニュース

「高級な背広を着てハイヤーに乗り込むオジサン」は、新聞で言えば何新聞か。「オバマ米大統領(当時)の『銀座久兵衛』訪問」の裏にあった、マスコミ、首相官邸、ホワイトハウスの思惑は。

 『芸人式新聞の読み方』(幻冬舎)が読まれている。著者で「時事芸人」のプチ鹿島さんは大手紙、スポーツ紙、タブロイド紙の記事を縦横無尽に読み比べ、読者が予想もしない視点を提示する。

 「グレーゾーン」や「オッサンのうかつな暴論」を楽しめ――。そう主張する鹿島さんに、時事ネタが100倍楽しめる「新聞の読み方」を聞いた。

■新聞6紙、スポーツ紙5紙、夕刊紙3紙の読み方

――日々どれくらい新聞を読んでいるのですか。

  鹿島 大手紙は、朝日、読売、毎日、日経、産経、東京の6つを読んでいます。紙で購読しているのは朝日、読売、日経で、あとの3紙は電子版。余談ですが、読売を紙で購読している理由は「電子版だけの契約が結べないから」です。紙の月額購読料に150円足すと電子版も購読できるんです。スポーツ紙5紙は、紙で読むようにしています。コンビニやキヨスクで手に取ったとき、一面の賑やかさ、カラフルさ、文字が躍る感じ、紙の匂いを味わいたいんですよね。東スポ、日刊ゲンダイ、夕刊フジの3つの夕刊紙は、昔から読む習慣がありました。大手紙で初めに購読を決めたのは、朝日でした。朝日は、新聞の「王道」であり「ベタ」。嫉妬も含まれているでしょうが、とかく他のマスコミにツッコまれやすい。他紙や週刊誌の変化球や切り口、スキャンダリズムを楽しむには、他の情報を入れないまっさらな状態で「前提」を知っておく必要があります。朝日の記事を読み、「この記事は各所で話題になる」「ツッコまれる」と考えておけば、タブロイド紙や週刊誌がより楽しめますよ。たとえば、ある女優が「脱いだ」とします。でも、何の情報も入れずいきなりヌード写真を見たら、「損した気持ち」になりませんか。変な話、「服を着ているとき」の活動を知ったうえで見た方が、味わい深くなるというものです。

――新聞を読む方法は、忙しい日々の合間を縫って確立させたのですか。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。